September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

怒涛の3か月

 

いやあ、怒涛の3か月を過ごしてました。

 

久しぶりのブログでドキドキします。

 

 

今年入ってすぐパソコン学校に通い始め、ひたすらPC周りの術を詰め込んでいました。

 

いや、ほんと、こんなに何か頭に詰め込んだことってなかった。

 

ワードとかエクセルとか、基本的なビジネススキルがですね。まあ自信がなかった訳です。使ったことほぼないから。

 

それで今後の自分の人生を考えた時に、ここでいっちょバシッとPCスキル付けたろうやないかと。笑

 

その辺のマイクロソフト関連はほぼ使ったことがない。にも拘わらず、中級クラスを選びました。多少の無理は承知でね。

 

 

初日、2日、3日が過ぎ。正直(ついていけないかも・・・)と焦りはじめ、家に帰って復習。

 

しかし一日中知識の詰め込みをした頭はすでにオーバーヒート。バッタンキューです。

 

 

そんな知恵熱の出る日々を送るうち、次第に自信が付き始めました。(あ、なんかいけるかも)という気がしだし、

 

MOSワードエキスパート受験。これが何と私と受験会場のお姉さん双方の間違いにより、エキスパートではなく

スタンダードを受験してしまうという珍事に。

 

(おっかしいなー、、見たことない問題ばっかやないかい。あれだけ模擬問題やったのになあ、、

 

え、やっぱそんな甘いものじゃなかったってこと??  はい、出直してきます。。)(´・ω・`)

 

結果を目にし、結構凹んだわけです。

 

しかし何か悶々としたまま一週間が過ぎ、リベンジするべく散々やった模擬問題を更に散々やり込んでいたとき

 

ふと出題範囲の確認をしたら、全然違う出題範囲の試験をやっていることに気が付きました。

 

(あれ、わたしってバカなの?)心からそう思いましたね。試験受けてる途中で普通気が付くだろうよ。

 

結果再受験させてもらい、きちんと合格できました。ニコ♪

 

 

合格の心地よさに味をしめ、受験するつもりは当初なかったITパスポートも受けることに。

 

ITやPC周りに明るい人にはそこまで難しくないかもですが、出題範囲が広く、やたらめったらアルファベット3、4文字の略語が頻発してきます。苦手な人はアレルギー並に受付けないでしょう。

 

右脳優位でOSスキルの浅い私だからこそ、合格すればマルチな能力が身に付くはず!そう自分を鼓舞し、2週間平均一日3〜4時間詰め込み猛勉強。結果、合格することができました!難易度はそう高くないと言われているものの、合格率は40〜50%。一応国家資格です。結構、知らずに使っていたWEBやネットワークの知識が深まってそれも良かったです。るん。

 

 

そう、そんな感じでここ数か月ワード、エクセル、パワポ、アクセス、HTML、VBA、Iパス、等々必死で学んだのは転職を有利にする為!

 

2月ぐらいから勉強と合わせて転職活動をしています。まあ、お察しのことと思いますが、40超えてくると厳しいですね。書類ではじかれる率高い上、未経験だとしたら問題外。

 

そう理解した上ではからずともデザイナー職に10数社応募しました。ええ、実務経験なしです。普通無茶です。でもやりたかったから。きっといい仕事してみせる!という気合いだけはあった。その10数社応募したうち、2社面接に呼んで頂きました。

 

一社は以前から知っているお店で世界観に惹かれ、過去の作品等送って後日面接者3名でグループディスカッション。以下お題。

 

お題その1・30分で仕事する上で大切なこと10項目に優先順位を付け、代表者が発表してください。すべて自分たちで進行してください。

お題その2・今季秋冬のコレクションのテーマとアイテムを数点発表してください。

 

ね、どうですか。グループディスカッションて何ですか?って尋ねてしまったのは私だけではなかった。他の男性一名(デザイナー歴20年以上)は(ええ??)ってな表情を浮かべ、他女性一名(業務委託のベテランさん、この方かわいらしかった)も、(ええー!)って包み隠さず動揺してらっしゃった。

 

そこはでもみなさん大人で、ちゃんと話合いを進行しつつお互いの人物像を探りつつ、うろたえつつ、沈黙しつつ、ちゃんと発表しましたけどね。そもそもここに企業デザイナーの実務経験一切なしのわたしが居ていいんだろうかと。でも少なくとも何か期待して頂いたわけですからそこは嬉しかった。

 

 

そう、もう一社面接に呼んでもらった会社は都内の中小アパレル企業。この面接の日、電車が遅延して面接に遅れてしまった。もちろんその旨連絡はしたけど、それ以前に日時の確認メールをした際に返信がなく、何か良い感触ではないなと思っていた。

そしたら面接で思い切りぶった切られました。あはは。うん、余程に食わないものがあったのだろう。

直で社長面接だったのですが、これまでの経歴にそれはもう刃を刺しまくり、終いにはどこに行ってもダメだとまで言ってくれました。すごいよね、会って数分でそこまで言い切れる眼力の持ち主ってなかなか居ないよ!

 

ここで受け身になる私ではなかった。一通り聞く方に徹したあと持論を展開し、「そのお言葉は正直心外です」と言ったところ「ほう、そうかな?」ってケンカ売ってるとしか思えないでしょー。今思うと超絶な圧迫面接だったが、そうそう一社長さんと持論を交わすなんてないし良い体験談の一つになった。結果、そういう考えも一つだと思うけど、うちには合わないという体で面接は終了。

 

それからいくつか面接を受けていて、今更ながら思うのは面接が苦手ってこと。今更何を・・って感じだけど苦手だわ。ほんとーに。ポイントをいかに簡潔にわかりやすく伝えるかって部分もうまくいかないし、しかも築地の競りのような感覚。お互いが値踏みし、まあゆるい部分もあるけど知らない者同士がお互いの価値を探るって、改めてリスキーだ。

 

40代過ぎたら転職はキツイという話は間違っていないと思うけど、それに自分を当てはめて(やっぱりなー、とか、これぐらいでもういいか、)と守りに入ったらそこでオシマイ。日本は世界に比べ若年信仰が行き過ぎてるから、一般の転職市場で普通に活動してたら普通に不利になるだけだと思う。

 

そこで武器になるのは経験で蓄えた落ち着きや知恵、それに新しいものを吸収する意欲と思考を持っていたら強い。

わたしが先日受けた企業の面接でもそれをアピールした。感情をコントロールできること、学びに貪欲であることなど・・

 

この企業は世界中でほぼ知らない人はいない。革新的であるところに常々魅力を感じていた。二次面接まで何とか進み、

こみあげる緊張とせめぎあいながら挑んだ面接。

 

しかし待っていたのはまたも圧迫面接!圧迫というか、やる気がなさすぎるのか、冒頭から眠そうなオーラで一瞬たじろいだ。

 

(いや、まてよ。冷静でいられるかを見ているのだな、うんきっとそうだ。よしそうくるなら・・)なんてプラスに受け取って自分を落ち着かせようと勤めたが、自己紹介がもう崩壊してしまった。あえて言い訳をさせてもらえるなら、(ふーん。こんな資格使わないっすけどねえ)って、そんな風に切り替えされたことないからっ。(あー、何聞こっかな〜、、眠)わたしは自分の中で(あえてやってんだな。あえてだよ、あえてとしか考えられん!こんな失礼なのあってたまるかーっ)

 

最後まで結局謎を抱えたままその面接は終わり、結果はお祈りメールが返ってきました。駄菓子菓子、一体何だったんだろう。ちょっと病んでた?面接しすぎて脳が麻痺しちゃった?しかしいまどき圧迫面接なんて辞めてほしい。意味ない。最初から採る気ないなら面接上げなくでいいわ。精神衛生上、大切な人生を裂く意味でもよろしくなーい。

 

ということで引き続き素敵なご縁があることを期待して、転職活動がんばりまーす!

 

ここまで読んでくださってどうもありがとうございましたkirakira

 

信じること

 

むすめは絵が上手い。これはわたしが仏語勉強の息抜きに走り書きしたもの。むすめの絵を褒めるといつも「そうかあー?」的な反応で、いやいや、もっと自信持っていいよ、自信持つべきレベルだよ。と言ってきた。小学校の頃から県展に入選したり、街に貼られたりもしてるのですよ。

 

しかし自分がいとも容易く出来ることを、自分自身でこれは才能だから伸ばしていこうと気付き行動できるのかどうか。

 

周りにいる人がその芽を見つけ、育んでいける環境が今の日本にどのくらいあるのだろう。子どもには自分の人生を自分で選択していけるよう、これまで触れ合ってきた。これからも生活面で叱ることは多々あるけど、人生の選択、何がしたい、これが好き、あれがしたい、そういう本人の意思は可能な限り尊重している。

 

わたしに選択の自由がほぼなかったから、それも大いに加味されている。

 

息子はもうすぐ19歳になる。小学一年からサッカーを始めて、6年間毎週末続けた。中学では何故か卓球部に入った。高校受験を前にもう一度サッカーがしたくなり、わたしがよく知りもしない家から2時間近くかかる船橋の高校を受けると言いだした。息子の性格は2歳の頃から根本的に同じで、自分でしっくりきたことには誰の意見も通らない。そこがわたしと似ているものだから、何かあらば面倒なことになるわけです…。

 

その高校に通うにも定期代、駐輪場代、引いてはサッカーのユニフォーム代に部費、ほんとにこれでもかってぐらいお金がかかります。どんだけかかるんだって、呆然と何とかなるさ〜なんてこの時ばかりはしてられません。丁度わたしシングルになった年でしたし、息子の入学と同時にむすめも中学入学です。今考えても非常におそろしい状況でした…。

 

でも、これからは自分の想いに嘘偽りなく、人生を切り開いていける道を選んだことがわたしを後押しし「何とかなる、何とかなるし、何とかならないわけがない」そう暗示をかけてこの4年間を過ごしてきたわけで、現に今何とかなっていますし、年々暮らし方が上手くなってきたと感じています。それは食べることに対してもそうだし、休むこともそうだし、生きること自体が結婚していた頃よりもずっと生き生きしている。

 

やっと本当の自分に気が付けた、ような。15年の結婚生活って長いっちゃ長いけど、今はそれに対して特に感情もないな。だって未来を見られるようになったから。沢山、色んな古傷もあるけどそれを避けることはやめよう。じっくり、そっと包み込んで、自分をまるごと愛そうと思う。

 

人は変えられないって、10代の時知った。人は変えられないし、変えようなんて思ってたことがちょっと結構馬鹿だった。

 

自分が出来ることは自分を変えることだけ。よく聞くけど、自分を変えるには勇気が要るし、腹もくくらねばならぬけど、見える景色が変わるから、周りを変えたかったら自分が変わるのが一番早い。

 

息子が勝手にサッカーを退部していて、学校もサボリがちになっていった時。少しでも誰かによくありがちな否定的なことを言われたら、わたしは自分を保てなかったと思う。心配で心配で、これでいいのか、何かとんでもなく間違ったほうに行ってしまったんじゃないか、とにかく心配と不安とで心が押しつぶされそうになっていたから。誰にも相談できずにいたし、誰も信用できなかった。

 

そんなどうしようもない状態でもちゃんと生活は続くのだ。息子を叱っても何にも解決しないのは解っていた。ただ、わたし自身の気もちを正直に話し、悲しみ、怒り、心配、そういうものを吐き出した。その頃の息子は、自分でも自分が収まりきらないといったふうで常にピリピリしていた。それまでに知り得た理解し得たものだけが息子の全てだった。そしてこれから少しずつ大きく成長していくのをわたしはただ見守ることしか出来ないのだと悟った。親というのは子供にとって、本当にただのサポート役なのだ。子どもが何をどう思っていようが、全て子供の自由。毎日、せっせとご飯を作ることで子どもの成長をサポートしているのだ。当たり前すぎることかもしれないけど。

 

進路を考え始める頃、少しずつ反抗期も収まり、案の定わたしに相談なく進路を決めてきた。ああ、親って何なんだろう。。そして大手食品会社に就職を決めてきた。決断の速さはわたしに似たな…っていうか、ほんと親って一体何だろうか…。

 

そんな息子も働き出してからは人が変わったように穏やかになった。以前より広い視野でものを見るようになったのか、色んな人と接して世界が広がったのか、わたしに対して優しくなった。台湾でお土産を買ってきてくれ、進んで料理するし、頼めばご飯をつくってくれる。こんなに嬉しいことがあろうか。こんな日がくるなんてあの時は知る由もなかった。でも、ずっと心の奥の深いところで本当は知っていたような気がする。きっと大丈夫、どんなことがあっても、何とかなるって。その想いが知らないところで息子にも伝わっていたのかもしれないな。

 

先週は初めてボーナスが入ったからみんなでお寿司を食べに行こう、と言ってわたしとむすめにお寿司をご馳走してくれた。もう、本当に嬉しいを通り越し、言葉にならないものですね、こういうこと言ってもらうと。反面、自分は今まで息子に何をしてあげてきたか、って、いやめちゃ色々してきてるけどまだ何かあるはず、何だろう…。この何とも言えない嬉しいような切ないような。

 

何者かにならなくても、自分の人生を自分で選択し納得して生きている、それがすごく大切なことだとわたしは思う。だから不平不満を漏らし現状を嘆くひまがあったら、どうしたらうまくいくかを考えながら生きていく。現状を嘆いてみたことも少しあったけど、何一つ良くはならなかったからね。

 

 

今の目標はむすめの進学準備と、わたしのフランス留学費用を貯めること。もろもろ考慮し、給与の高い都内の商社に通勤してたのですが、朝の7時に席取りの為に並ぶのがツラい…。始発から最終なもんで座れないとツラさ倍増…。でもこの仕事も今週で終わり!

 

来週はダニエルハリトーノフのピアノリサイタルとディズニーシー、ホットヨガと東京駅丸ビル、KITTEで買い物の予定!

 

よし、もうちょっと頑張って年末は楽しむぞ〜〜

 

 

 

自然と人との関係

 

久しぶりの新作です!

 

 

やわらかいニットキルトにやわらかいヌメ革を合わせたトートです。

 

 

もう少ししたらiichiショップにUPするのでぜひご覧くださいね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先週初めてのTOEIC受けてきました。

 

本音を言うと、ちょっと出来るんじゃないか。今まで殆ど勉強してきていないからって、感覚というものがあるし話のニュアンスというのは何となく伝わってくるものじゃない?

 

って気持ちがほんのりあったんですよ。確かに単語知らなきゃ答えられないし、文法とかね。学生の頃唯一英語は4だったし、随分前お試し感覚で入った英会話も中級からスタートしたし。今の時点の実力を知ろうやないの。

 

また根拠のないチャレンジ魂がわたしを会場へ向かわせたわけです。が。

 

・・玉砕でしたギャー えへ。

 

TOEICは実力を測るテストじゃないですね。しっかきっちり傾向を掴んで、毎日1〜2時間ぐらいリスニングリーディング、シャドーィングディクテをすればちゃんと点が取れるテストだと思います。過去問をとにかく解いて体で全体を把握するのがよさそう。(わたしが言うのもナンですけども!)

 

娘に「中学の時の英語の教科書捨てちゃったっけ??」って、聞いたのですがそういえば・・私が殆ど処分したんだった。ただ取っておいてあるものもあって、歴史の教科書などは今見てもとても為になるんです。あの頃はボー然と聞いていた授業だけど、大人になると勉強の中身が肌で感じられるようになる。中学生向けの英語の辞書を借りてるけどすごく解りやすい。イラスト入りでピンポイントで解説してあって、私のような遠いいつかの学生にはありがたい〜。

 

文法や時制とか、品詞の基礎を学ぶにはTOEICはすごくいいと思います。問題自体はすっごくつまんないし頭痛ものですが。続けてちょっとずつ勉強していこうかと思います。

 


 

そうそう。先日上野の湯島天神で買ったこの鉛筆で挑みました。これを読むと神様に叱咤激励されているようで、ふむそうやな!とセルフで喝を入れられていいですプッ 次受ける時はきっと進歩していますので!

 

TOEICの次に待っているのはアロマテラピー検定1級の試験。自分でも何でやと思っている程にスケジュールを詰めすぎてしまった!あきらかに勉強時間が足りな〜い!今必死に公式テキストをまとめているところ。でもアロマに関しては結構、自信がございます。そもそも問題の難易度は大変ゆるいと思われますが、気を引き締めて覚えています。ちゃんと資格を得たら、きちんと情報を乗せていけるし色々役に立ててていきたい〜。

 

そうそう、夜寝る前と朝起きたときの瞑想と、朝5分くらい太陽礼拝で思いっきり体を伸ばして深呼吸するのを習慣にしました。以前よりもぐっと心が安定するようになったと思います。何か思考のループにはまってしまい意識をシフトさせたい時、深呼吸を兼ねて瞑想をすると意識が自分の心と体に向かい、心がきちんと体に収まっていく感覚に浸れます。吸う時より長く丁寧に吐き出してしまうことを意識するともっと頭がすっきりしますスマイル

 

 

最近こそ自然からの癒しの力、瞑想によって得られる自己の発見や治癒など人々の間で認められてきて、予防医学や代替療法としても用いられていますが、そもそも自然からの恵みの力を太古の昔から人々は薬に用い、儀式に用い、生活の一部として取り入れてきている。西洋医学と自然療法は一般に相反すると認識されているかもしれない。わたしは全体的(ホリスティック)な観点で病に向き合うことが本当の治療だと思っている。以前子供のアトピーをどうにか治したいと、色んな情報を探して先生とも話をしてきたけれど、アレルギーについては一つ一つの症状に躍起になって対処するよりまず、ホリスティックにその人自身を見つめなければいけないです。ストレスからかもしれないし、食生活かもしれない。環境が変わったせいかもしれないし、色々なことが複合して表面に現れてきているのかもしれない。

 

そういった今までの自身や子供を通しての体験もそうだし、中学の頃レイチェルカーソン(沈黙の春)を読んで地球環境について感想文を書くくらい(賞をもらったのだ)自然を守り慈しむことは当然のことと思ってきたので、昨今の企業までも瞑想やマインドフルネスを推奨する風潮が生まれてきたのは良いことと思います。そもそも、みんな忙しすぎるんです。忙しく成らざるを得ない、そういう流れの速い社会に私たちは生きている。

 

 

秋の高く澄んだ空を見上げてみる。

 

冬の香りが混ざりはじめた冷たい空気を味わう。

 

昨年と同じ冬がやってくるんじゃない。昨年から色々成長した分、色々経験した分、今までとは違う冬がくる。

 

 

先日、ある面接官の方に言われたこと。仕事に対する価値観はみなそれぞれ。個々の生活において、仕事がどれぐらいの比重を

持ち、また置いているかも個々それぞれ。そのことに関して幅広い認識をしておくほうがいいと。 このことに関してわたしも色々思うところがある。そう、本当に人それぞれです。それを知るに足りる経験をしてきましたから。だからこそ、自分のスタンスを大切にしたいし大切に出来る。

 

 

もう20年前ぐらい前かな。とても仲良くなった女友だちが居た。私より5つ上でその人も私も一人が好だった。一人が好きな人と居ると楽でいいです。何せお互い一人で行動するのが好きなので、ムダな気を遣わなくてよかった。大抵、吊るみたがる女子たちとは距離を置き自ら浮くべく振る舞っていたと思う。彼女とは過去が何となく重なる部分もあり、当時からスピリチュアルな話で通じることもあり(これに関してはいつか書ければいいと思う)、わたしのことを本当の妹みたいと言ってくれていた(本当の妹とは犬猿の仲だったようだ)。すごく努力家で頑張り屋さんで、共通の仕事を離れた後でも家を行き来して泊まらせてもらったり、家で鍋を作ってくれたりして本当に良くしてくれた。何年か後、お互い結婚し、出産して久しぶりに会おうということになった。

 

彼女は居酒屋を経営する女性起業家になっていた。いやあ、さすが。どこからそのバイタリティが湧いてくるのか、ただただ尊敬して。そのおしゃれな居酒屋でご馳走になり、お土産までもたせてくれて本まで貸してくれた。その時、わたしは少し体を悪くしていて。会った途端、すぐ彼女には解ったのだそう。隠してもしょうがないし、全てその居酒屋で話した。彼女ぐらいかもしれないな。いっさい抵抗なく聞いてくれたの。あ、もう一人20年来の友だちがいるけど、年上ということもあったし、懐が深かったな。

 

その彼女もアレルギー体質だった。アレルギーと言っても出方は千差万別だけど彼女のは、職場のオフィスに近づく程、くしゃみ鼻水頭痛が増していくというもの。すごく繊細な感覚の持ち主。面白いと思ったのは(面白いなんていう揶揄もどうかだが)、彼女の愛車はビートルでアナログな作りがかわいく、決して口紅は塗れない乗り心地だった。その彼女のビートルでたまに仕事中フェイドアウトしドライブしたのだけど、帰り道、会社に戻る道すがら徐々に彼女の鼻がぐずぐず言い始めて、くしゃみが止まらなくなるのだ。「それだけあの職場にアレルギーがあるってことよ」と言った。それ以外でも本当大変なのよと言って、色んな話をしてくれたしわたしも興味と学びの意味も含め彼女の話を聞いた。

 

 

感覚が鋭いと今の世の中を生きていくには刺激が強すぎる。なので体が自分を守るために色々な必要のない刺激と闘ってくれるのだ。アレルギーとはつまり、そういうことなのかもしれない。

 

 

と、まあ、これまで自然に人や自然との関わり合いについて思うきっかけが多かったのです。自然は人間にとって無くてはならないものなのはみな知っているはず。しかし人間は自然に対し地球に対し、破壊したり汚染したり採掘したりとあまりに支配的過ぎるのです。そりゃあ、地球だって黙っちゃあいないですよ。それこそ宇宙はバランスで成り立っているのだから。きっと昔の人々は、必要以上に自然から何かを得ようとするとその分何かを失うことになると肌身で知っていたのですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

勉強勉強と詰め込みっぱなしだったので吐き出し始めたら止まらなくなっちゃいました。プッ

 

 

そう、今わたしはこれを楽しみに勉強してるんです!

 

 

買ってからまだ聴いてません!! 落ち着くまで聴けませんいや落ち着いてからしか聴きたくないっ(好きにして)

 

あと殆ど最近は雑誌なんて買わないのですが、これだけは見かけると買います。ベーシックでわたし好みのものが載っていて見ていて幸せ〜。

 

さ、あと少ししかないけどアルバム聴く為にがんばるぞー。

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop