November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新作 花のステッチBag

 

新作のバッグをコツコツ作っていました。今回は3点出来上がり!

 

〈↓クリックするとiichiショップに移動します〉

octobre 10月 ¥10,500

 

août 8月 ¥10,700

 

 

novembre 11月  ¥8,800

 

 

 

頭の中で絵を描き、それを針に伝え、眺めて・・というお絵かき法で制作しました。

 

一番上の木の周りには何がいいかなー、、って浮かんでくるまで進まなく。笑

 

 

先日も以前制作したバッグの再販のお問い合わせを頂きましたが、直にステッチしていくので同じものをつくることができない。。

 

この月の名前がついたバッグは全てスケッチスタイル(そんなスタイルあるのか解りませんが)で制作してます。この制作方法はほんと自分に合っている。同じものをつくることの中にも、自分次第で進歩を感じることは出来ますが、一番したいこと、好きなことは表現すること。

 

表現者で在りたい。自分の中から生まれたものが、他の人の目に、心にどう映るのか。あわよくば、何処かの誰かの心の琴線を響かせたい。心をほんのわずかでも動かしてみたい。その心の動きがわたしの理想とするものに近ければ近いほど鳥肌もの。その理想とするものが何か、それを自分の手で形にしたくて、つくり続けているのだと思う。

 

後ほどiichiSHOPWEBSHOPにUPしますのでぜひご覧ください!

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

ピーマン、ナスに続いてようやくトマトも色づいてきました!

 

 

 

前に簡単と言われるミニトマトを失敗したので、この中玉はどうなるかな〜・・と毎日チェックしてたら、昨日急に色づき初めました!

今朝はもっと赤くなってて、思わず「ちょっと見てーー!トマト赤くなってるー!」とはしゃぐ母。「あー、ほんとー」と返事が棒読みの娘。

 

植物が少しずつ育っていくのを見るのは心が安らぎますね。反抗はしないし、憎まれ口も叩かないし、ゲームしてずっとゴロゴロしないし・・(何か疲れてる?)

 

 

 

家に居るとどうしてもアイデアだったり、もろもろ煮詰まってくるので、コーヒー飲みに行って。

 

 

 

 

 

ああ、もうすぐ夏休みだ。。昨年はちょろっと鎌倉に行ったなあ。いや〜一年早すぎ。今年の夏休みはディズニーシーで手を打つ予定。

 

千葉県民の日は割引になるので混むからヤ。夏休みなんて激混みだからヤダ。土日なんて滅相もない!何時間も並んで待つなんてヤダ〜。って感じで割と近いにも関わらず数年、10年近く?行ってないので。しかも以前むすめと行った時、アトラクションが怖いからヤダー!って言って、結局むすめはトロッコ列車ぐらいしか乗らなくて。

その時にわたしがちょっと言いくるめて乗せてしまったのが、ストームライダー。映像の中の台風に突っ込んでいく座席連動型のアトラクション。わたしこれ好きでして、「涼しいよ!上から涼しいシャワーが降ってくるよ。怖くないよ〜ん」って、なだめてむすめを道連れにしたら、出口に着く頃には半泣き。。

 

それが今や「あのママにだまされたやつ、今なら乗れるから!行こうよーー!」です。

 

 

子供の成長って・・すごいですなあ。。

 

 

 

JUGEMテーマ:てしごと

 

ナスとピーマン インドの布







我ら家族、将来は半自給自足生活をしたいねえ(記事→手間をかけることの豊かさ)と語り合ってから間もなく植えたきゅうりとナスに花が咲きました!



植えつけてから毎朝お水をあげて(よしよし♪)と葉っぱを愛でてると、一日ではっきり目に解るほど成長しているんですよ。子供に前ほど手もかからなくなった分、野菜に愛情をかけようかと思うきょうび。かわいいなあ。。









可愛いと言えばこちらのポストカードも〜









ね?かわいいでしょ〜? こちらはインドの木版プリント布admiさんのカード。にじ画廊で来月個展をされるそうですよ。



下から2番目右から2番目の柄をブックカバーに使わせていただいてます。一つ一つの柄がハンドプリント。かすれ具合とかインクの滲み方とか、手仕事の温度が伝わってきて愛おしくなってきます〜







そして・・ふふふ。admiさんの布が先日届きました。カードの一番上の柄ですね♪



写真にあるように、このプリントは木版を使ったインドの伝統技法。手掘りの木版を、色ごとに一押し一押しすることで柄が生まれます。天気や水質によっても出来上がりが変わるそうで、何だか自然と人との共同作業から生まれたような・・自然と共存しているようで、とても好きです。





日暮里にヒューモンガスという実店舗もあります。取扱い店です。







渋い作りながら店内に入ると素敵な布が沢山!パーツも手のぬくもりを感じるものばかり。







さあ、布も届いたのでということで、ブックカバーを仕上げました。







ステッチのみのシンプルなブックカバー。中は花柄にしたくて、このadmiさんの布を使いました。











今日は何気に花繋がりでございます。





花はいいですね。花を見て、きれいと思う。何も理由なんていらないです。





花はいいですねえ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





JUGEMテーマ:花のある暮らし

手間をかけることの豊かさ



紅茶ばかり飲んでいたけど、この春ごろからはめっぽうコーヒーをよく飲む。


20代の前半、一人で時間に余裕があるときはコーヒーはマシンで淹れていた。

コーヒーだけでなく、バナナと氷をミキサーに回して簡素なスムージーも毎朝作っていたし、煮物、揚げ物、料理全般にわたってもっと手間をかけられていた。

ぞれがいつからか、コーヒーはインスタントに。パッパとお湯をさして、パックの牛乳をドバっと入れガブガブ飲む。それがキライなわけじゃなく、むしろドバっと作ったカフェオレは私の中では愛おしい存在であるし、日常でのほっとする、いつもの飲み物だと思う。

ここのとこ何処へ行っても見かけるようになった、おしゃれなコーヒードリッパーなどを見ると(ああ、こういうので丁寧に豆を挽いて、ハンドドリップで豆をぶくぶくさせながら淹れて、お気に入りのカップに静かに注いで・・・まさにわたしの好きな松浦弥太郎さんが提唱する”ていねいな暮らし”そのものだな・・)と、遠い目をしてしまう。

もっぱら、最近は一回ずつ入れるドリップコーヒーを愛飲。せめてコーヒー豆をちゃんと蒸らしてから、お湯をきちんと3回に分けて入れた”丁寧な飲み物”を体に入れてあげようと思うように。

ハーブティもよく飲むようになった。香りや色がきれいで、抽出している時間も好き。もっとハーブに関することを学びたいと思う。

お昼も娘が高校にあがったのを機に、仕事にもお弁当を持参するように。今まではおにぎりとパックのおかずを買ったり、ほぼほぼ適当にしのいできたのが、この4月以降、おかずも全部手作りして、冷凍冷蔵にストックしている。わたしにとって、これはすごい進歩。飽きっぽいし、根性なしだし。それが自分でつくったお弁当を食べることは、何とも言えないふくよかな気分にさせてくれることを41歳でやっと知った。

ひじきの煮物とか、とりのフリッターとか。簡単なやつをちょこちょこ作っておいて、疲れて帰ってきた時でも、取りあえず安心してつまめるおかずを用意しておくとすっごく楽。つくりおきサイトつくおきもよく見てます。





ムリしないで、気持ちが豊かになることを、くらしの中にちょこちょこ取り込んでいきたいなあ。(あくまでムリせず)


で、先日むすめと日本の社会のこととか話していて。「やっぱり自給自足が一番強いよねえ」という結論に達したのだけど、今普通に暮らしている中で、一体どこまで時給自足に近づくことができるか・・我ら2人の頭で考えてみたところ、

卵はニワトリを飼い、毎朝産んでもらう

水は山奥から引くか、いっそ山に住む

住宅だけは初期投資をして丸太小屋を建ててもらう

タンパク質は魚を釣るか豆を栽培する

衣類、布類は年に一度里に下り、大量によい布を買い自分たちで縫う

火は文明の利器、ライターに頼る

主食はじゃがいも

肉に関しては答え出ず

世俗との通信手段としてiPhoneだけは所持

週に一度くる郵便配達の人に無理を言って、雑事を頼む

etc・・・


こういうことを話してるとかなり楽しい。

みな当たり前に仕事してお給料をもらって、ローンや保険を払って・・そうやってこの社会は成り立っている。それらで支え合っていることは事実。でも、そこから抜け出してみたら一体どうなるのか・・って考えてみる人は日本にどれだけいるのかな。

そんなことしたら、家族を養えないし、路頭に彷徨うことになるって無意識にでも思っているから、みんなまじめにきちんと働いているんだろうなあ。

何かでもさ。資本主義で成り立っているこの社会では、お金は本当に大切なものであるし、困っている人を助けることも出来るし、自分自身に沢山の可能性を与えてくれるし、必要な場所に必要なだけ流れていくことが一番だと思うのだけど、お金を使うために、もしくはお金を流すために、欲を満たすために、そのためにお金を稼ぐ人生って、ようは資本(お金)が本当に主役なんだなあと、思ったりしたんです。人間主義じゃなく、資本が主なのかなと。

こんなことを言うわたしだって、子育ての支援で市役所にお世話になっているし、その他沢山助かっていることがある。それに税金を沢山支払っているのはまぎれもなく沢山稼いでらっしゃる方々。

・・ってあれ、いつのまにこんな話に・・。

何だろう。日本は輸入大国であることは誰もが知っているのだから、少しでも自分たちで自分たちを賄っていけるような、術というのが今必要なんじゃないかと思うのです。
もし万が一、豆が輸入できなくなったら?石油を廻してくれなくなったら?小麦が100g10000円になったら?トイレットペーパーが消えたら?今のところそんなことはないと思いますが、いやでも、何があるかわからないですもん。震災で被災されてらっしゃる方々の声を未来に生かすことが大切。

地球は常に変化していて、宇宙は常に拡張している。わたし達のくらしがずっと何も変わらないということはないし、もし何の変化も感じられないとしたらそれはジワジワと衰退しているのと同じ。人は死ぬまで成長する生きものだとわたしは思っている。もうこれでよい、と思う瞬間があったなら、後はひたすら下るだけ。慢心して人に何かを教えることが一種の快楽になってしまった人は、ひたすら下り坂を下り続けてそのうち誰ともすれ違わなくなってしまう。宇宙も地球も常に良い方へ、先へ向かって進んでいるのだから、その一部である人も同じように未来に向かって、明るい方へ向かって、進んでいくのが自然の流れ。

そう思って、わたしも死ぬまで成長していきたいと思っています。身体能力は衰えても、人としての成長には期限がないですからね。

でですね、自分でじゃがいもぐらいは育てることが出来るようになりたい・・なんて思いまして。

以前挫折したトマト、ナス、ピーマンを昨日植えました。リベンジ!

何故かおととし植えていた金魚草が今頃生えてきまして。あと、昨年採ったビオラの種を、そこらじゅうにばらまいていたら、コンクリのすき間から顔を出してきました。すごい生命力。ビオラって今頃でも咲くのですねー。

冬から植えていたビオラに今年も沢山種が付きました。ほとんどが避けて飛び散ってしまいましたが・・、収穫したのがこれ。



8月頃にばらまこうと思います・・♡




毎度おなじみまとまりのない記事になりましたが、読んで頂きありがとうございました!


◎本日新作ブックカバー3点、iichiとwebshopにUPしました。ぜひご覧ください☆









みなさんの一日が素敵な日でありますように!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JUGEMテーマ:食育&スローライフを楽しもう
12345>|next>>
pagetop