November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

上野ふらり 旧岩崎邸

 

そうだ、上野行こう。

 

正確には旧岩崎邸へ行こう。と思い立ち行ってきました。

 

 

今週末、初めてTOIC受けるのですが、一か月前に試験の概要を知ったふつつか者です。一応テキスト一冊に目を通し、解いてみたわけですが(ダメだこりゃ♪)ドリフばりにずっこけることは間違いないです。

 

英語を使う仕事をしたいわけではありませんが、以前ある英語使用する企業の面接の時に、「TOEICは受けたことありますか?}と聞かれまして「あ、いえ、一回もないです」と答えましたら「あ、え。そうですか…。」何となく(ビジネスパーソンとして基本)という空気をその方に感じまして。「あ、今どんな試験か調べていまして。700点は取ろうと思っています」と、その後言った私も私ですがね…。根拠のない負けず嫌い…。笑

 

いや〜でも700点はどうしたってムリやわ。

 

だってTOEICって問題つまんないよね。ずっと前から全く興味なかったんだもん。対策って何やねーーん。

 

という素の気もちと(どうせ受けるなら少しでもまともな点数取ってやりたい)気持ちがせめぎあい、頭痛くなっちゃって、こりゃあ、今更あがいてもしょうがない。上野行こう。

 

 

と、前置きが長くなりましたが、前から行きたかった旧岩崎邸へ。(写真盛り沢山です)

 

 

 

 

はあ。。素敵。

 

旧岩崎邸の敷地は、江戸時代には大名屋敷、明治になり旧舞鶴藩主邸となり、その後三菱財閥初代の岩崎弥太郎が低地として購入したのだそう。戦後にはGHQに接収され、諜報機関本部となり、その間岩崎家は和館の一部に居住する。設計は三菱・岩崎家の仕事を数多く手がけたジョサイア・コンドルである。(wikipediaより)

 

 

 

エントランス入ってすぐ。左は事務室として使っていた部屋だだそう。深い飴色が歴史を感じさせます。

 

 

 

 

内外装とも英国17世紀のジャコビアン様式を基調としており、イギリス・ルネサンス様式やイスラーム風のモチーフ等が取り入れられている。(wiki)

 

 

ジョサイア・コンドル氏はお雇いの外国人として明治10年に来日し、鹿鳴館、旧古河庭園、西洋庭園、ニコライ堂、旧島津公爵邸(清泉女子大学本館)、網町三井倶楽部、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(現三菱一号館美術館)等を設計しました。

 

三菱一号館美術館は、1894年に三菱事務所、銀行として建設されたものを当時の建材も用い忠実に再現されていて、とても素敵な建物。以前行ったときは何も知らないままでしたが、この方が設計していたのですねー。

 

また彼は現東京大学工学部建築学科の教授として、東京駅を設計した辰野金吾、迎賓館を設計した片山東熊ら創成期の日本人建築家を育成し、日本建築界の基礎を築いた存在でもあります。

 

 

 

これは三菱一号館美術館。以前の記事「ヴァロットン展

 

 

 

わたしは建築には全く詳しくありませんが、古い建築物に存在する歴史に惹かれてしまいます。ドア一枚、テーブル、椅子、カーテン、窓、そういう部分に先人が大切にしていた美を感じるのです。だからずっと見ていて飽きない。ずっとそっと眺めていたい。

 

 

 

華やかな大階段。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫人の応接室。壁紙や色使いがただただ素敵。

 

 

 

 

 

 

2階のバルコニー。

 

 

 

 

 

 

洋館の中は、お手洗いや地下、小さな階段など立ち入れないところもありますが、そういうところってやはり気になってしまいませんか。お手洗いは中には入れませんが、中はちゃんと見ることが出来てこれもまた素敵でした。随分前、旧岩崎邸を特集した番組を見たことがあって、その時に普段は立ち入り禁止の場所を特別に見ることができました。裏側に色んな仕組みが施されていたのですが、例えばお客様が今どの部屋に何人いるかとか、何か摩訶不思議な仕掛けがあったと記憶しています。

 

 

 

 

洋館を進むと、和館に繋がります。

 

 

この落ち着いた懐かしい畳の匂いを嗅いだら、小さい頃おばあちゃんとお茶を摘んでもみ干した時のことをふと思い出しました。あのお茶、本当に美味しかったなあ。

 

 

 

 

 

 

岩崎家の普段の生活はこの和館で、洋館は主におもてなし用に使っていたそうです。

 

 

 

 

 

お庭にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧岩崎邸を後にし、湯島天神へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学業にご利益があるそうで、沢山の合格祈願の絵馬がかかってましたよ。それを見てたら、すごいパワーのようなものを感じました。沢山の願いのパワーなのでしょうね。(みんな受かれ〜)と思わずわたしも念じました。お友達の合格を願っている絵馬を見てたらポッとあたたかな気持ちになりましたよ。

 

 

 

そうだ!わたしも今週末TOEICじゃないか。すごい他人事のように思えるのだが。。。

 

 

 

天神様にお参りをしてから、TOEICにご利益があるように。。とこれを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに。おっしゃる通りです。勉強に関しては本当にそう。

 

 

 

う。。。

 

 

 

「人に頼るな。自分で成せば叶う」

 

 

はい。やれるだけのことはやってきます。。

 

 

 

 

 

 

さて、湯島天神を後にし、不忍池を散歩。

 

 

 

この前読んだ本の中に、洋食屋の精養軒が出てきて、ああ行ってみたいな〜と思ってたので精養軒まで歩いていきました。この不忍池をぐるっと回るとね、結構な距離になるんですよ。結構歩きまして、天気も良くて。久々に汗かきました。で着いたら45分待ち!マダームが沢っ山。

 

お昼時でしたし、まあ仕方ない。

 

何処かで美味しいお弁当でも買って、家で食べよう。。

 

 

 

結構歩いて、観て回ったと思うのですが帰宅したのは午後1時半頃。うん、こういう感じでさくっと何処かに行くのがいいかもしれない。

 

 

で美味しいお弁当はコレ!

 

 

 

秋のごちそうです。非常に美味しゅうございました!

 

 

勉強のことは一旦忘れ、人生の甘さを思いだせたような、いい一日になりました。

 

 

 

東京都庭園美術館 「メディチ家の至宝」と目黒雅叙園

前から行きたかった東京都庭園美術館に行ってきました!



一昨年まで3年ぐらいリニューアル工事しており、再OPEN後は新館も併設。



前日展覧会の内容をチェックしたら、これまた前から興味のあったメディチ家の至宝が現在公開とのこと!



至宝・・これは行くしかない〜









東京都庭園美術館=旧朝香宮邸



東京都庭園美術館HPから抜粋させて頂きます。



久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が1906年[明治39]に創立した宮家で、鳩彦王は、陸軍大学校勤務中の1922年[大正11]から軍事研究のためフランスに留学しましたが交通事故に遭い、看病のため渡欧した允子内親王とともに、1925年[大正14]まで長期滞在することとなったのだそうです。



当時フランスはアールデコの全盛期。その美しさに魅せられたご夫妻は帰国して自宅を建てる際、フランス人芸術家アンリ・ラパンに設計を依頼しアールデコの様式美をふんだんに取り入れ建設されたのが旧朝香邸です。朝香宮ご夫妻の熱意と、日仏のデザイナー、技師、職人が総力を挙げて作り上げた芸術作品と言っても過言ではない建築物です。



この時代に建てられた洋邸宅って本当に素敵。西洋の華やかさと日本の建築の相互の魅力が相まっていて、うっとりしてしまいます。。



今回はイタリアメディチ家の至宝や絵画が、旧朝香邸の各部屋に展示されているのですから・・もうワクワクしかないっ









メディチ家っていうと、かつてイタリアでどえらい権力と富みと地位を誇った一族だよね?ぐらいの知識しか持ち合わせていなので、何がどうすごいのかを知りたいと思って。



音声ガイドも借りてワクワクしつつお部屋に。。



ルネサンスの黄金時代を築き上げたと言ってもいいぐらい、彼ら一族が庇護した芸術家によって、数々の傑作が生まれたのです。レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロもそう。



元は銀行家だったメディチ家は時代と共にその権力を拡大し、フランス王妃、フィレンツェ公、法王までも輩出。300年に渡って繁栄を極めた一族ですがその内側は波乱に満ち、常にスキャンダラスだったのだそう。





音声を聞きながら絵画で一番目を引いたのは、ドレスにあしらわれたおびただしい数の真珠やダイヤモンド。どの絵画の女性もきらびやかな宝石をちりばめたドレスで着飾り、頭には宝石で出来たヘッドドレスのようなものをつけ、こんな重そうな宝石だらけの装いで当時くらしていたの・・?はああ・・・しかありません。。

何故だかふいにオスカーワイルドの「幸福な王子」を思い出してしまいました。宝石と金で創られた街のシンボルの王子像は、街はずれで泣いている貧しい家族に鳥を使って自分の一部を少しずつ分け与え、終いにはただの石になってしまう・・という悲しいお話。



これら絢爛たる衣装は、職人が命を削るようにひと手間ひと手間を惜しむことなくかけて出来上がったのだと思うとね。その裏側にあるものがどれほどだったのだろうかと。





撮影ダメなので、文章で書き起こすのは無理ですがジュエリーにおいても全てが芸術の塊でした。何より、旧朝香邸の内部が本当に素敵で。。。



扉、床、照明、窓、ドアノブ、どれもこれもに趣があり、許されるならずっと観ていたいぐらい。ここでご一家が暮らしていたのかあ・・ここから庭を眺めていたのかあ・・と、皇族になったつもりで階段を上がってみたり・・。









一通り観覧した後、庭園に出ました。ここから見る邸宅もとても素敵。外から見ると華やかな装飾も施されていないせいか、国立西洋美術館みたいな箱っぽい建物だなあ、と勝手に思っていましたけど、一歩中に入ったあとの厳かで洗練された空間がさらに引き立ち・・素晴らしいですね。





着いた頃は曇っていたものの、やがて日が差してきて青空に。











立派な木々たち。小鳥がさえずり、都会のど真ん中なのにまるでオアシスのようで癒されます。











緑が鮮やかで、新鮮。











記念にメディチ家の何かを買って帰ろうかなーと色々小物を見ていると、イタリア最古の薬草薬局がつくるハーブのオードトワレが堪らなくいい香り!何じゃこりゃっというぐらい香しくて。。実はメディチ家関連のその薬草薬局の商品が、わたしの勤めるショップにあるんですよ。世界最古の薬草レシピから生まれた○○○・・っていうブランド。でもこの香しいオードトワレはお値段お店にあるものの20倍ぐらいしてました。。





悩んだあげく、読書用にこれを買いました。







アールデコの栞。建物の第一階段にある装飾模様(写真左上)と同じだそうです。モノクロですが中の雰囲気伝わるかな?



ドレスコード割引があり、パール(イミテーションも)のアクセサリーを付けてくと100円引きに。わたしは淡水パールのネックレス付けていきました♪





さあ、ちょっと皇族気分も味わったところで、何処かで休憩しよっかなーと駅の方へ向かいました。あ、ちなみに建物の中にもカフェが併設されています。お庭を眺めながら、コーヒーやケーキ、サンドイッチをマダムがつまんでらっしゃいました。(この日は平日ですが、待ってる人割と多かった)





目黒と言ったら家具屋でしょ!アンティークでしょ!・・さんまでしょ!と見どころを絞れないミーハーですので、ヘタに動くと疲れます。。以前目黒に来たのって・・もう10年ぐらい前。あるインテリアショップで照明を買って以来来てませんでした。あちこち巡りたいと思いつつ。。



そして向かった先は、目黒雅叙園。



名前は知っていたものの、見て見ないとどんなところか解らんのと、美味しそうなお店があるみたいなので!





で、向う途中の道がですね、かなーりの坂。



簡単な滑り台ぐらいはあると思います。名前は行人坂。



若干靴でブレーキかけつつ下っていくと、何やらすごく魅かれるお寺が。







目黒大黒天「大円寺」。こじんまりしていながら、何だか精気がみなぎっていて人があちらこちらに。



開運出世祈願などで信仰の篤いお寺だそうで、開運招福大黒天、十一面観音像、開運招福大黒天、薬師如来がいらっしゃり、江戸城の裏鬼門を守護しているそうで、大変に守られている場所なんだなあと感じました。中でも目を見はったのは、大円寺石仏群。かつて江戸で起こった大火で犠牲となった人々を供養するために建立されたそうです。



せっかくなので、お香を供えてお参りをしました。「目黒に来れてよかったです」と心でつぶやいて。数年前からは氏神さまでないよその、旅先の神様にはお礼を言うようにしています。ありがとうございますっていう気もちのほうがしっくりくる気がして。





で、昔ながらの振って棒が出てくるおみくじがあったので、興味深々で振り振りし、引きましたら五十五の数字が。よく見たら目の前に沢山の小さな引き出しが数字ごとに並んでいる!これを開けて一枚持っていきなさいってことですね!



五十五・・吉でした!(そしてこの後ちょっとしたミラクルが起こるのです・・!)







何だかいいことが色々書いてありました!ああ、なるほど・・、これからよりいい方に向かうのですね。おおなんとありがたい。。嬉しくお財布に入れときました♪







それから、目黒雅叙園へ。



日本初の総合結構式場・ホテルとのことで、ちょいと様子見しようかしん、なんて思っていたら・・



正面車止めのホテルガールの挨拶が素晴らしく。(おお〜・・ちょっとご飯食べにくるような場所じゃないのかしらん)なんて内心ちょっとドキドキしつつ、私の口から出たのは「こちらにお茶できるところありませんか?」なんていかにもー!な(笑)スマートに尋ねましたら、「はい^^ございます!こちらまっすぐ進んで頂いて左手にカフェがございます」「ああそうですか♪ありがとうございます!」と言われたままに進んで行きましたら・・



脇には錦鯉、大きなガラスの向こうには滝が落ち、通路には朱色のあつらえ・・ 予想をはるか上回る竜宮城のような空間。。おお。。



たまにしか都内に行かないし、長居することもないのでディ―プな東京は全然知りませんけど、こういう場所を見てしまうとああ、世界にはもっとすごい場所があるんだよなあ・・(遠い目)ってならざるを得ません。





この日は何せ皇族の気分も味わっていたこともあって、カフェラウンジでコーヒーとケーキを頂くことにしました。











いやね。実は「素敵なホテルのラウンジでコーヒータイム」というのを定期的に開催(一人で)しようと思っていたところで。



やっぱり違いますもん。場の空気そのものが。



となると、都内にくるしかないのかな〜ってなってしまうのですが、それもいいお金の使い方だと思っています。暮らしにメリハリがあって。





コーヒーとショコラケーキ。







目黒雅叙園 カフェラウンジ「パンドラ」



ガラスの向こうには緑が茂り、そこからいく数もの滝が落ち、何だか絵巻のような空間。と、そこに式を終えたと思われる新郎新婦が艶やかな和装で現れて・・、お写真を撮っていました。滝を背景に、着物姿の若い二人が佇む景色がとっても美しかったです。











で優雅な気分でコーヒーを飲みながら、iPhoneを見ると2通のメールが。



一通は何だったかのお知らせメール。そしてもう一通が、何とAmazonギフト券¥5000プレゼントご当選!ですとー!



いやーこのタイミングにビックリしましたよ。元々くじ運はないはずだし、いつ応募したのかも覚えがないものだったのと、5名様とあったのでこれはもう大黒天さまか、メディチ家、あるいは朝香家のみなさまのおはからいでしょう。。ありがとうございました。





そんなこんなで、この日は豊かな気もちを抱きつつ、家路に着きました。



中々ルーティンになりがちな日常ですが、自分へのご褒美も兼ねてまた何処かふらっと出かけたいと思います。





最後までお読み頂き、ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JUGEMテーマ:美術館に行ってきました


 

神楽坂ふらり


本日のiichiさんのメルマガに千鳥格子Bagを載せて頂いてます。どうもありがとうございます!







つくることへエネルギーを注ぐのは出来ても、未だなかなか宣伝がうまく出来ず・・そんなんでは甘いと思うのですが、こうして掲載して頂くおかげで、新しく見て頂ける方や購入してくださる方が増えて、とても嬉しいしやりがいに繋がります。決して奇抜なデザインではありませんが、何かしら想いがお届けできたらと・・少しでも成長していきたいです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



えー、さて。



今日は神楽坂に行ってきました。気分転換に色々見てみようかなって。







早稲田通りを少し行って、神楽坂毘沙門天にお参り。



桃山時代よりおよそ400年、家康公ゆかりのお寺だそう。お寺の歴史と言えばこの前何となく、成田山新勝寺の歴史を調べてみたのですが(お札を頂いたこともあって)、面白いですね。歌舞伎の初代市川団十郎の頃から、今の海老蔵に至るまで成田屋と呼ばれるだけあり深い繋がりがあるそうですよ。





そこから坂を上って目指したのは、昨年新しくできたlakagu







独自のセレクトで集まった雑貨やお洋服の複合施設です。



中に入ると左手にオープンスタイルのカフェスペースが。左にはこだわりのセレクトが伝わるお洋服や靴下、手袋などなど。



最近同じようなものしか見ていなかったのでちょっと心が躍りました。。イタリア製のものが多かったです。コートやニット類も30%オフでした。奥のほうは主にガーデニング雑貨などのコーナー。



色んなお店でよく見るやつ、がないのってこちら側からするといいですよね。あ、何気に置いてあるインドのモザイクの石が2万くらいしてました・・。と思えば、思わず買ってしまった茶色いプランターは一個100円からあります。セレクトの振り幅が大きい感じでした。



来た道を戻るときふと目に入ってきたのがかもめブックス。名前は知っていましたが、ここなのか!っと若干鼻息荒めに入店しました。左がカフェスペース、右とその奥にはずらっとセレクトされた本が並んでいます。わたくし、手前から一冊一冊食い入るように見ました。。時間が許すなら2〜3時間じっくり見たかったです(おなかもペコペコで)



店内はすごく居心地が良かったです。狭からず、広からず、きれいに一冊一冊がアプローチされていて、どうしたってワクワクしちゃいます。買うつもりはなかったのですが、一冊ピンとくるものを選ぼうと見ていたら、森鴎外の娘、森茉莉さんの著書『貧乏サヴァラン』が目に入り、これに決定〜。わたしの読みたい本リストにあったのを思い出して。食いしん坊の茉莉さんが食べることについて綴っているエッセイです。帰りにちょっと読みましたが、続きが楽しみ。。







こういう『色』を出している、出そうとしている本屋さんが大好き。ただ売れる本やベストセラーを置いていたらどこも似たようなお店になってしまうけど、お店が集める本によって顔や味が生まれてくると思うのね。そういうのを感じるのが好きだし、他と違う空気を求めている人が結構沢山いると思うの。それをじっくり眺めながら発見を楽しむことが、本屋さんへ足を運ぶ楽しみでもあるから・・こういうお店が大好き。こんな紙で包んでくれました。↓





もう一つ好きなお店をあげるとアンジェビュロ―上野店。ここは上野に行くと必ず立ち寄ってしまいます。本のセレクトも好きだし、CDやこだわりの文具、紙もの、時計などなど、、しばらく居座ってしまいます。(今日も居座ってしまいました・・)





さて、美味しいものが食べたい!とリサーチして出てきたのが和カフェ茶寮







いつも混んでると書いてありましたが、、着いた時点で外で4人待ち。わたしの後にもすぐに5、6人が・・。



30分ぐらい外で待ちました。。比較的暖かかったから良かった。。客層は見事100%女子。20代前半か、主婦かマダムという感じでした。







店員さんも感じが良く、ご飯の写真撮れませんでしたが(充電切れて)美味しかったです♪



カフェですが、ご飯メニューもあって、五穀米とおばんざいのセットを注文。ごま塩ととろろ芋をご飯にかけて、おばんざいも数種類から選べ、飲み物も選べます。カフェラテはお抹茶用のお茶碗で出て来ました。何だか新鮮。。





こうして新しいものを見て、美味しいものを食べ、子供にパンを買って(出かけると大体美味しいパンを買う)帰宅しました。



たまにこうして刺激を与えると、今の自分の状態を知ることが出来たりするので新しい場所へはちょくちょく行ったほうがいいですね。引きこもる時は一歩も外に出ないものですが、メリハリがあるのがいいですね。


小さくていいからアトリエが欲しいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
12345>|next>>
pagetop