February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

宇多田ヒカルとの出会い

 

タイトルが恋人みたいですみません。笑

 

 

 

久しぶりに宇多田ヒカルの歌を聴いた。

 

あれは23歳の時。その頃三重県に住んでいてちょくちょく車で名古屋へ出かけていた。三重に引っ越す前は名古屋の千種区に住んでいて、ZIP.FMというラジオ局の日曜午後からやる小林克也さんのZIPHOT100という番組をほぼ毎週聞いてた。音楽は生活に欠かせなくて、休みの日はよく栄のHMVやタワレコに行ってブラブラしていた。そのラジオ番組は洋楽邦楽問わず、中部圏でホットな曲をランキングするもの。

 

ある日の名古屋からの帰り道。夕暮れの空の下、四日市あたりを車で走っていた。ラジオの小林克也さんが「さあここで今注目のアーティスト紹介!ええ、某有名歌手の2世でもあるみたいですよ〜曲は『Automatic』」

 

曲が流れ始め、聴き終わったあとのショック、、驚き。え、何この曲、リズム、歌声。

 

鳥肌。どうしようもなく素晴らしいものを聴けてしまった。聴くところによるとまだ15歳?え、誰?自分でつくってるの?

 

おおすごい。。。

 

それまで聴いてきた邦楽じゃない、こう、丹念に作り込まれたリズムじゃない、自然に溢れ出ている生きたリズム、というか。

 

そしてその後、宇多田ヒカルがメディアでみるみる取り上げられていき、HEYHEYHEY!ミュージックチャンプ(ダウンタウンの音楽番組ね)に初登場すると聞いて、どんな子?どんな子?と興味深々でTVウォッチング。

 

そしてわたしの中で感じたのは、ああ、今15歳を生きてるけど骨の隋からアーティストだ。と。人はそれぞれどんな世界を生きてるか、そのそれぞれの世界の匂いを纏っていると思うけど、才能の源泉みたいな彼女が今出てきたってことは、日本に、音楽に癒しのパンチを食らわすため・・そんなふうに思った。

 

宇多田ヒカルがデビューし、ヒットし始めたのがちょうど長男を生んだ頃。チャイルドシートに長男を乗せてよく一緒に歌っていたら、ある時から長男が後ろからハモってきて。

 

歌:でも〜言葉〜を失った〜瞬間〜が〜

長男:・・・・・・・・・・・・ンガ〜〜♪

 

ンガ〜〜をバッチリ重ねて来ました。笑  かわいかったなあ・・・。(遠目)

 

今宇多田ヒカルの曲を聴くのは殆どアルバムをめくるみたいで、Automaticを聴くと初めてラジオから歌声が流れてきた時の感覚が蘇る。音って、体の中の水分、細胞に記憶されるのですからすごいですよね。

 

そういう記憶された音楽は他にも沢山。中学の頃に兄のテープ(当時はテープです。ハイポジの)を勝手に拝借してこっそり聴いたユニコーン。これもとってもショッキングだった。え、こんな曲があるの?今までテレビで流れてたヘタなアイドルは何だったの?やったあ!いい音楽見つけちゃったあ! 的な発見が楽しくて楽しくて。

 

そこから兄の居ぬ間を狙ってコソコソとテープを借り、クイーンとか、ヴァン・ヘイレンとか聴きましたが、クイーンはまだ当時のわたしには早かったしロック全般がダメだったな。ユニコーンはロックとかそういう縛りに当てはまらない、自由で不思議なバンド。高校の頃は何回もライブに行った。

 

自由で不思議と言えば、フリッパーズギター、小沢健二も自由で不思議で好き。レベッカもよく聴いた。あの歌唱力と切なくて力強いメロディは何度聴いてもよくて、他のアイドルとか聴けなかったもん。

 

 

 

宇多田ヒカルの歌声にわたしが癒されるのは、その声に彼女が語らない人生が詰まっているからだと思ってる。歌声というのは、歌唱力やテクニックで人の心を掴めるものじゃなくて、上手い、上手くないというフィルターで歌を聴くことはない。何が伝わってくるか、歌声の端々にそのアーティストが伝えたい、でも伝えきれない切なさや悲しみや、愛とか、メッセージや、表現したいもの、そういう非言語的なもの。それが空気を伝わって人の心を揺さぶってくる。だから、こんなにも沢山の人の心を捉え、皆が彼女の歌に寄りかかり、酔いしれることができる。

 

最近は売れるものを優先することが正しいこととされる風潮があるよね。本でも服でも、新聞でも雑誌でも、テレビでも何でも。

 

でも、人が心の底から求めているものって本当にそういう"売れる"ものなの?

 

わたしは人が心の底から求めているものは、”感動”だと思っている。体に染み入って一生涯自分の一部になる、そういう驚きや感動。そういうものに出会うと、ほんとうに息を飲むような瞬間が訪れるよね。”感”が”動く” 五感が動くってことだもん。鳥肌が立つような感動を届けてくれるアーティストにどれだけ出会えるか、音楽でも、本でも、何でも。これって人生をどれだけ豊かに過ごしていけるかに比例するとわたしは思ってる。

 

 

 

宇多田ヒカルの好きな曲は色々ありますが、これはデビュー前にCUBICUという名前で活動していた13歳頃の歌。Close to youのカバー。すでにR&Bを体現してしまっていてすごいなあと思う。

 

 

 

そして、5年ぶりに活動復帰されましたね。また一味違う歌声を聴けるのが楽しみです。

 

JUGEMテーマ:アーティスト

 

 

pagetop