February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

レッドタートルと所感

 


 

先日レッドタートルを観てきました。

 

予告の映像を観て、直感で絶対好きな感じのだと思って。予想をはるかに超え、わたしの中ではジブリ作品で1番。もう少し若かったら千と千尋が一番ですが、今の自分だからこそでしょう。この作品、大変心を打たれました。

 

やわらかで物憂げな色彩と画のタッチ、そして自然界の音。どこかアダムとイヴを連想させ、「一つの命」がどう移ろっていくのかを一匹の亀、家族を通して描く、シンプルな物語。

 

セリフは叫び声ぐらいしかなく、わたしはこんな映画を待っていました。(と観て感じました)

 

説明過多の物語にはうんざりするし、人の感情を逐一言葉にしなくちゃ解らない程、人は想像力が欠けてしまったのか、それとも創る側がそうさせているのか解りませんが、あらゆることに説明が入り過ぎて息が詰まりそう・・と思いません?

 

今、この作品自体がとても大切なメッセージだと感じました。

 

 

わたしは日本のアニメのあの原色ベースの画が苦手で、古いものならいいのですが(銀河鉄道999とかルパン三世とか)。。ジブリの中でもこのレッドタートルのアニメーションが一番好きです。本当に美しかった。墨絵のようでいて、鉛筆画のようにやさしくて、ただただ画と音の世界を楽しみました。

 

ラストでは自分でもビックリするぐらい涙が止まらなくて、こんなに涙が出たのはいつ以来だっけ・・って出てくる嗚咽を抑えとりました。(劇場空いてたのでね・・)

 

情報過多になりがちな現代人に、ぜひおすすめしたい作品です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レッドタートル繋がりみたいですが、息子がこの前社員旅行で台湾に行き(台湾に台風直撃してた日)中々楽しんできたみたいです。(いいなあ〜。どんな感じ何だろ)

 

お土産を買ってきてくれたのですが、それがこれ!

 

 

パイナップルケーキと台湾茶!

 

おお〜、お茶好きにはたまらんお土産。高山茶は何杯も淹れて楽しめるらしく、家事を終えた後早速頂きました♪

 

 

お茶の葉まんま淹れてみました。繊細なお花の香りが鼻から抜けてとても上品なお味。

 

 

 

 

ふう。。これでやっと本来の自分に還って来られました。。←

 

 

 

 

というのも、しばらく抜け殻のようになっておりまして、人生初めてカレンダー通りの勤務と東京駅まで片道1時間。トップ企業の本社で初のオフィスワーク。日々、ジリジリと心身が疲弊していくのを感じつつ、頑張るぞ〜と張り切っていた糸を今、ほどきにほどき・・緩んだ時の自分に戻るまで、「無の世界」でした。

 

初めての場所に行ったり何かしたりするのに、結構勇気を必要とする方なのですが一度でも行ってしまえば、ほぼほぼ我がものにしていけるタイプでもあり、まずこの最初の壁に相当エネルギーを使うのです。毎朝、東京駅の人混みの中を泳いでいるうちに人の多さを(こんなもん)とさえ感じるようになり、相当感覚も鈍りました。

 

仕事用の自分と本当の自分。仕事用は必要最小限のエネルギーで最大の効果を発揮したいので(??)気の乗らない余計なことはしません。ムリに話を合わせたり勝手に憶測したりはエネルギーのムダ使い〜。ちょろっとジョークを言ってさらっと凌ぐ。

 

色んな情報にまみれ過ぎると人本来のセンサーが鈍ってしまうので、しばらくデジタルデトックスしてみようかなあなんて。

 

 

 

忙しい毎日を送る頑張り屋の方に、レッドタートルおすすめです。

 

 

pagetop