September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

秋に想う

 

 

広い公園が近くにあるので、天気のよい平日などは最高です。ワンコを散歩させてるおじさん、小さいお子ちゃまを連れたママがまばらに居るぐらい。仕事に意識が向かいすぎて、何かの型にすっぽりはまってしまうんじゃないか・・・自分が自分じゃなくなってしまうんじゃないかって。多分、それはある種の成長と言えるとは思うのだけど。

 

 

あなたにとって、人生とは何ですか?

 

 

こう問われたら他の人はどう答えるのかな?すごく聞いてみたい。色んな答えがあると思うけど、きっとそんなことは考えたこともないっていう人もいると思う。

 

ふと、この頃よく脳裏をかすめていく感覚があって、それは本当にごく日常の一コマでのこと。天気のよい日に薄手のカーテンが風にゆられて気持ちよさそうだったり、美味しいスイーツを買ってきて一口目を口に入れた時のあの幸福。

 

幸せってそういう感情をその瞬間味わうことだなあと。

 

 

 

喉元過ぎれば熱さ忘れる、ってわたしの為にある言葉なんじゃないかと思うのですが、やれ嗅覚がなくなった、やれ子供がアレルギーだ、やれ仕事漬けで大変だ、やれ息子が大反抗期だ、ってギャンギャンしていたのが今は落ち着いた日常を送れている。

 

ああ、時は過ぎるんだなあ。。。いくら現実に刃向ってワンワン吠えていても、時は過ぎていくんだなあ。

 

 

平日の公園って、時間に縛られていないでしょ。ゆったりのんびり過ごしたい人、喧騒から距離を置きたい人。常に時間と一緒に動いていると、自分まで時計の針になってしまったかのように、ぐるぐる止まらなくなっちゃうんだよね。常に動いてないと落ち着かなくなってきちゃって。ま、そういう時もあっていいのだけど、ずっとそれが続くと酔ってしまう。

 

 

とそんな感じで、忙しかった9月の余波はきれいさっぱり落とすことができました。

 

 

秋と言えば読書ですね。本を読んで眠くなったら昼寝して、起きたら何か食べてまた本を読んで・・ってしたい。。あ、してるか。

 

今読んでるのは森茉莉さんの本。森鴎外の長女。大正時代の東京の食堂のこと、大の西洋飯好きだったようでパリでも18歳の頃一年暮らしているので、当時のパリ(巴里という字も好き)の大衆の食事事情が愛情たっぷりに描かれていて、とてもおもしろい。

 

それに森茉莉さんは50歳を過ぎて作家になったのだそう。感性が瑞々しい人はきっとずっと死ぬまでそうなんだろうなと思う。

 

 

この前買ったのがこの2冊。右は新刊。

 

紅茶と薔薇の日々・・だなんて何て憎いタイトルを付けてくれたのでしょう。これを買わずに居られると思って?(誰やねん)しかも何と絵の素敵なこと・・

 

伊丹十三さんのこの本は前から読みたいと思ってたもの。こういう一昔前に外国を彷徨った人の体験記って、絶対おもしろいでしょ。時代も違う、国も違う、その時代のその国に本を読んでる間タイムトリップするみたいで。

 

 

 

 

鈴虫の音色を聴きながら、読書といきましょうか。  間もなく眠くなりますよ・・

 

 

 

 

娘がよく焼いてくれるクッキー。これがすっごく美味しいのです。母は何も教えることはございませぬ。。。

 

 

pagetop