February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ソフィーマルソーと自分らしい歳の重ね方

 

マーガレットと素敵な何か 2010年 フランス/ベルギー

 監督ヤン・サミュエル

 

 

何か映画観たいなと思って、綺麗な人を観て目と心を潤そうとソフィーマルソーのこの作品を観ました。

 

作品というより、ソフィーマルソー、フランス語の映画が観たかった。

 

これは6年前の作品なので、その頃彼女は43歳。んもー、とっても綺麗でした。引き締まっているのだけど女性らしさもあって、経験や知性が自然と雰囲気を作り出していて、自然体で魅力的。こういう歳の重ね方をしたいと思うし、誰の為でもなく自分の為に綺麗で居続けようと思うことは大切だなあと。

 

 

昔、ソフィーマルソーを初めて観た作品は「アンナカレーニナ」

 

顔立ちや雰囲気がただ綺麗なだけじゃなくて、エキゾチックでとても魅力的な女優さんだなと思って。でも生粋のフランス人です。

 

 

このロシアの文豪トルストイの代表作と言える「アンナカレーニナ」。原作は読んだことありませんが、映画でこれだけ悲痛な運命を描いてるってことは、原作なんてもっとグッサグッサくるのでしょうね。

 

わたしが好きなのがソフィーマルソーのこの前髪。何て似合うんでしょう。そういえばジェーンバーキンも前髪パッツンがよく似合うし、名前が被るようだけど、アンカリーナも前髪重めのスタイルがステキ。ハリウッド女優は、艶を出してゆるく巻いたロングヘアというイメージなのだけど、フランスの女優は髪に自然な空気感があって色もそれぞれ、どこかしら個性を主張している感じがあるなー。

 

このマーガレットと素敵な何かのストーリーは、ソフィーマルソー演じるキャリアウーマンが、子供の頃の自分が未来の自分へ書いた手紙を読み本当の自分を取り戻していく話。

 

 

作品の中のソフィーマルソー、とても綺麗。スタイル、経験を重ねたからこそ生まれる自然な美しさ。こういう歳の重ね方をしている人を見ると嬉しくなります。それがいくつの人でも、歳を重ねるごとに新しい自分を見つけている、今だからこそできる楽しみ方を知っている人って素敵です。

 

 

わたしの場合、未だ中学生から何も変わってないんじゃないかって思うところがいっぱいある。好き嫌いはっきりしてるし、人の食べてるものが自分のよりも食べたくなるし、めんどくさい付き合いには一切関わらないし。反面で、昔の自分じゃ考えられないような自分になれている。あんなに無口だったのに、初対面の人とも抵抗なく話せるし(話したいときだけだけど)、大抵のことでコミュニケーションもはかれるようになった。

 

中学生のまま、母親にご飯をつくってもらって何もぜすとも生きていける、あの頃は自分はずっと歳をとらない気がしていた。誰かの為にご飯をつくったり、洗濯したり仕事したりっていう想像なんて到底できなかったから。

 

急に料理が出来るようになった訳じゃないし、急に親になった訳じゃないけど、一つずつ一日ずつ積み重ねてきたからこその今がある、のだけど。ふと中学生の自分がひょっこり顔を出し、今の私を見て(おおっ)と驚くわけです。「成せばなる、成さねばならぬ何事も」だね、と。私は中学生の私に勇気を与えているようでよかったです。

 

中学生の自分と今の自分が一緒に今を生きている気がする。子供のまま、好きなことしかしたくない自分、表向き用大人として「生きる術」を使いこなす自分。好きなことを追い続ける純粋さと勇気。魅力的な大人になるために、自分に素直で正直でありたいな。

 

 

デビュー作「ラ・ブーム」のソフィーマルソー。ブームは思春期の子たちが盛り上がるパーティみたいなもの。

 

 

ちなみにフランス語の年齢の数え方は、「J'ai 40ans」(わたしは40歳持っています)と言います。「I'm 40years old」とは意味合いも異なりますね。フランスでは男性も女性も成熟した大人は尊敬される。歳を重ね、その人の生き方が自然と顔や体に現れるときそこに本物の美しさが宿ると感じます。

 

 

何をもって美しいと感じるかは、本当に個人の価値観によるもので、国によっても年齢によって、様々なものさしがある。だからこそ洋服なんかは特に流行に目を向ける前に、自分に似合うかどうか好きかどうか、その感覚を信じてあげてほしいなと思う。

 

先日、都内の某ルミネに娘と買い物へ行ったのですが、今年はブルゾンが流行なのかな?見事にどのSHOPも店頭にブルゾンが出てました。あとチェスターコートとニットのベスト、あと色んなお店で見るようになったのがダルトンのコート。こういうのを売れ筋として前面に出すのです。売れ筋というのが一体何処からくるのか・・というと、わたしのうろ覚え情報によるとある国の流行決定機関によりトレンドの色が毎年発信され、またラグジュアリーブランドが年2回行う展示会、ショーで発表されたものから(今年はこれが来る)と何処やらの雑誌やらメディアが特集を組みます。

 

結局のところ、流行の発端となるものは一人の人間の頭の中。

 

それが万人に適するものとは限りません。

 

 

 

フランス人は10着しか服をもたない・・のもうなずけます。(読んだことないですが。。)

 

 

 

JUGEMテーマ:映画とファッション

pagetop