September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

自然と人との関係

 

久しぶりの新作です!

 

 

やわらかいニットキルトにやわらかいヌメ革を合わせたトートです。

 

 

もう少ししたらiichiショップにUPするのでぜひご覧くださいね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先週初めてのTOEIC受けてきました。

 

本音を言うと、ちょっと出来るんじゃないか。今まで殆ど勉強してきていないからって、感覚というものがあるし話のニュアンスというのは何となく伝わってくるものじゃない?

 

って気持ちがほんのりあったんですよ。確かに単語知らなきゃ答えられないし、文法とかね。学生の頃唯一英語は4だったし、随分前お試し感覚で入った英会話も中級からスタートしたし。今の時点の実力を知ろうやないの。

 

また根拠のないチャレンジ魂がわたしを会場へ向かわせたわけです。が。

 

・・玉砕でしたギャー えへ。

 

TOEICは実力を測るテストじゃないですね。しっかきっちり傾向を掴んで、毎日1〜2時間ぐらいリスニングリーディング、シャドーィングディクテをすればちゃんと点が取れるテストだと思います。過去問をとにかく解いて体で全体を把握するのがよさそう。(わたしが言うのもナンですけども!)

 

娘に「中学の時の英語の教科書捨てちゃったっけ??」って、聞いたのですがそういえば・・私が殆ど処分したんだった。ただ取っておいてあるものもあって、歴史の教科書などは今見てもとても為になるんです。あの頃はボー然と聞いていた授業だけど、大人になると勉強の中身が肌で感じられるようになる。中学生向けの英語の辞書を借りてるけどすごく解りやすい。イラスト入りでピンポイントで解説してあって、私のような遠いいつかの学生にはありがたい〜。

 

文法や時制とか、品詞の基礎を学ぶにはTOEICはすごくいいと思います。問題自体はすっごくつまんないし頭痛ものですが。続けてちょっとずつ勉強していこうかと思います。

 


 

そうそう。先日上野の湯島天神で買ったこの鉛筆で挑みました。これを読むと神様に叱咤激励されているようで、ふむそうやな!とセルフで喝を入れられていいですプッ 次受ける時はきっと進歩していますので!

 

TOEICの次に待っているのはアロマテラピー検定1級の試験。自分でも何でやと思っている程にスケジュールを詰めすぎてしまった!あきらかに勉強時間が足りな〜い!今必死に公式テキストをまとめているところ。でもアロマに関しては結構、自信がございます。そもそも問題の難易度は大変ゆるいと思われますが、気を引き締めて覚えています。ちゃんと資格を得たら、きちんと情報を乗せていけるし色々役に立ててていきたい〜。

 

そうそう、夜寝る前と朝起きたときの瞑想と、朝5分くらい太陽礼拝で思いっきり体を伸ばして深呼吸するのを習慣にしました。以前よりもぐっと心が安定するようになったと思います。何か思考のループにはまってしまい意識をシフトさせたい時、深呼吸を兼ねて瞑想をすると意識が自分の心と体に向かい、心がきちんと体に収まっていく感覚に浸れます。吸う時より長く丁寧に吐き出してしまうことを意識するともっと頭がすっきりしますスマイル

 

 

最近こそ自然からの癒しの力、瞑想によって得られる自己の発見や治癒など人々の間で認められてきて、予防医学や代替療法としても用いられていますが、そもそも自然からの恵みの力を太古の昔から人々は薬に用い、儀式に用い、生活の一部として取り入れてきている。西洋医学と自然療法は一般に相反すると認識されているかもしれない。わたしは全体的(ホリスティック)な観点で病に向き合うことが本当の治療だと思っている。以前子供のアトピーをどうにか治したいと、色んな情報を探して先生とも話をしてきたけれど、アレルギーについては一つ一つの症状に躍起になって対処するよりまず、ホリスティックにその人自身を見つめなければいけないです。ストレスからかもしれないし、食生活かもしれない。環境が変わったせいかもしれないし、色々なことが複合して表面に現れてきているのかもしれない。

 

そういった今までの自身や子供を通しての体験もそうだし、中学の頃レイチェルカーソン(沈黙の春)を読んで地球環境について感想文を書くくらい(賞をもらったのだ)自然を守り慈しむことは当然のことと思ってきたので、昨今の企業までも瞑想やマインドフルネスを推奨する風潮が生まれてきたのは良いことと思います。そもそも、みんな忙しすぎるんです。忙しく成らざるを得ない、そういう流れの速い社会に私たちは生きている。

 

 

秋の高く澄んだ空を見上げてみる。

 

冬の香りが混ざりはじめた冷たい空気を味わう。

 

昨年と同じ冬がやってくるんじゃない。昨年から色々成長した分、色々経験した分、今までとは違う冬がくる。

 

 

先日、ある面接官の方に言われたこと。仕事に対する価値観はみなそれぞれ。個々の生活において、仕事がどれぐらいの比重を

持ち、また置いているかも個々それぞれ。そのことに関して幅広い認識をしておくほうがいいと。 このことに関してわたしも色々思うところがある。そう、本当に人それぞれです。それを知るに足りる経験をしてきましたから。だからこそ、自分のスタンスを大切にしたいし大切に出来る。

 

 

もう20年前ぐらい前かな。とても仲良くなった女友だちが居た。私より5つ上でその人も私も一人が好だった。一人が好きな人と居ると楽でいいです。何せお互い一人で行動するのが好きなので、ムダな気を遣わなくてよかった。大抵、吊るみたがる女子たちとは距離を置き自ら浮くべく振る舞っていたと思う。彼女とは過去が何となく重なる部分もあり、当時からスピリチュアルな話で通じることもあり(これに関してはいつか書ければいいと思う)、わたしのことを本当の妹みたいと言ってくれていた(本当の妹とは犬猿の仲だったようだ)。すごく努力家で頑張り屋さんで、共通の仕事を離れた後でも家を行き来して泊まらせてもらったり、家で鍋を作ってくれたりして本当に良くしてくれた。何年か後、お互い結婚し、出産して久しぶりに会おうということになった。

 

彼女は居酒屋を経営する女性起業家になっていた。いやあ、さすが。どこからそのバイタリティが湧いてくるのか、ただただ尊敬して。そのおしゃれな居酒屋でご馳走になり、お土産までもたせてくれて本まで貸してくれた。その時、わたしは少し体を悪くしていて。会った途端、すぐ彼女には解ったのだそう。隠してもしょうがないし、全てその居酒屋で話した。彼女ぐらいかもしれないな。いっさい抵抗なく聞いてくれたの。あ、もう一人20年来の友だちがいるけど、年上ということもあったし、懐が深かったな。

 

その彼女もアレルギー体質だった。アレルギーと言っても出方は千差万別だけど彼女のは、職場のオフィスに近づく程、くしゃみ鼻水頭痛が増していくというもの。すごく繊細な感覚の持ち主。面白いと思ったのは(面白いなんていう揶揄もどうかだが)、彼女の愛車はビートルでアナログな作りがかわいく、決して口紅は塗れない乗り心地だった。その彼女のビートルでたまに仕事中フェイドアウトしドライブしたのだけど、帰り道、会社に戻る道すがら徐々に彼女の鼻がぐずぐず言い始めて、くしゃみが止まらなくなるのだ。「それだけあの職場にアレルギーがあるってことよ」と言った。それ以外でも本当大変なのよと言って、色んな話をしてくれたしわたしも興味と学びの意味も含め彼女の話を聞いた。

 

 

感覚が鋭いと今の世の中を生きていくには刺激が強すぎる。なので体が自分を守るために色々な必要のない刺激と闘ってくれるのだ。アレルギーとはつまり、そういうことなのかもしれない。

 

 

と、まあ、これまで自然に人や自然との関わり合いについて思うきっかけが多かったのです。自然は人間にとって無くてはならないものなのはみな知っているはず。しかし人間は自然に対し地球に対し、破壊したり汚染したり採掘したりとあまりに支配的過ぎるのです。そりゃあ、地球だって黙っちゃあいないですよ。それこそ宇宙はバランスで成り立っているのだから。きっと昔の人々は、必要以上に自然から何かを得ようとするとその分何かを失うことになると肌身で知っていたのですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

勉強勉強と詰め込みっぱなしだったので吐き出し始めたら止まらなくなっちゃいました。プッ

 

 

そう、今わたしはこれを楽しみに勉強してるんです!

 

 

買ってからまだ聴いてません!! 落ち着くまで聴けませんいや落ち着いてからしか聴きたくないっ(好きにして)

 

あと殆ど最近は雑誌なんて買わないのですが、これだけは見かけると買います。ベーシックでわたし好みのものが載っていて見ていて幸せ〜。

 

さ、あと少ししかないけどアルバム聴く為にがんばるぞー。

 

 

 

 

pagetop